kyu

転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。
忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。実は自分の作品だったので、とてもショックを受けてしまいました。

ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、クレームを入れたりはしなかったです。

これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。

たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りでどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。

新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、一個ずつ底から包むのが基本です。
新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝効果があります。細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、その部分だけを先に包んでしまいましょう。引越しを機会に、思いきって中古のテレビを捨て、新しい、大型のテレビを設置しました。新居のリビングは広くとったので、大型で緻密な画像で、テレビを視聴したいと思ったからです。
テレビを買い替えただけで、リビングの印象が一変し、華やかな空間になって大満足です。引っ越の際の立会いはやらなくてよいと思っても必ずやっておくべきです。

家賃の発生する物件の場合には、不動産屋さんや物件の所有者が立ち会うことになります。敷金をいくら返すかを決める重要な要素ですから、できるだけキレイになるように掃除するようにしてください。また、リフォームを要するところを、当事者双方で確認し合うことで、トラブルを防ぐことにもつながります。

最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えています。そのような事態を鑑みて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明白にしました。

いよいよ来月引っ越しするのですが荷物の中にピアノを入れるか手放すのかが悩みの種です。持っていっても弾かないので場所をとるだけの存在です。
ただ、手放すのも粗大ゴミにもならないと思うし、悩んでいるうちに時間が経ってしまいます。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。借りていた部屋から引っ越す時は、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。
特に何かメリットがあるとは言えはしませんが、少なくとも、悪い印象を持たれたりすることはないはずで、このことが敷金返還のことなどに何らかの影響を与えたとしても、不思議ではないでしょう。ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったりどうにもできない大きな傷などは、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。

プロバイダにつながらない際に確かめることがあります。パソコンや機器の設定を確認しても、問題が見つからなかった場合には、接続Idやパスワードに問題が無いか、もう一度、しっかりと調べてみてください。

数字のゼロとアルファベットのオーのようにミスしやすい文字があるからです。

それでもつながらなかったら、プロバイダに聞いてみてください。
引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。
この負担を軽くするためのコツですがはじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。

もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来ればそれが一番良いのですが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。

余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。

私が社会に出て間もない頃、仲の良い友達と生活していました。

アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので条件に合う物件を探すのに苦労しました。二人で不動産屋に相談し、猫が飼える物件に出会いました。引っ越しも早々にできて私たち二人も、そして猫も喜びました。新生活を始めるにあたって、どうしても必要となる諸々の手続きと同様にできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。
現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は引っ越しを機に解約、ということで良いのですが、満足している場合には、プロバイダとの契約は続けて住所変更のみ行いましょう。

ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。

例えば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですとそのための工事も必要になってきます。時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。
引っ越しなさる際の住所変更はなかなかやっかいなものです。
転出届とか転入届などのような役場上の手続きだけではありません。

関わりあるあちらこちらに、住所変更を届けなければいけません。
保険会社に住所変更の手続きをとらなかったことを引っ越し以降、二年以上がたった後に気が付きました。

その間、何も起こらなくてよかったです。
業者へ引越しの依頼を行うと、見積もりをくれます。