kyu

今回の引越しのときには、住民票の処理は早めにしておくよう心がけていました。

まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を提出ができるように、日取りをきちんと考えておいて引越しを行いました。ただでさえ引越しのときにはたくさんのやらなくてはいけないことがあるので忘れないようにリストにして計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

引っ越しの時の手続きの中に、転出届の提出があげられます。
しかし、これは現住所と新住所が違う市長村である場合です。

同一市町村内の転居の場合は、転居届の申請が必要です。
手続きを実施するタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村それぞれ違う場合もありますので、早めに確認をするのが確実です。
無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。ほとんど車に乗らないから、次の免許更新の時が来るまで特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。でも、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。
一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に使いやすい本人確認書類として重宝します。

また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。

住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。
引っ越しして一人暮らしを始める時には、単身用のパックを頼む方が得する場合が多いです。
もし、大型の家具や家電などを新調するのであれば、業者に頼まなくても、引越すことができるかもしれません。

また、一人暮らしの女の方だと、近所の方への、挨拶回りは差し控えた方が安全な場合もあります。

引っ越しをどこかに頼む場合、布団はどのようにしたらいいんだろう?と考えている方も多いかもしれませんが、それはもっと早くに確認しておくとよいでしょう。

多数の場合、引越し屋は移転当日、専用の布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れないように引越し先まで持って行ってくれます。

引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。せっかくの新居ということで買った新品家具などは、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして運びましょう。

お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、ガッカリしてしまうでしょうね。勤め先が変わった事により、移転することが決まりました。東京から仙台でした。インターネットの光回線ももちろん、注視する事になります。
次は、光回線をやめ、ADSL及びWIFIにしようかと思案しています。

近年、仕事が忙しく、ネットをあまり使用しなくなったからです。

毎月の光回線の料金は決まった金額を差し引かれているため、あまり深く考えることはないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月馬鹿にできないほどの金額を通信費用として支払っていることになります。
いくつか存在する通信料金プランの中から少しでも安い料金プランで契約をまとめたいものです。誰でも、引っ越したなら、転出・転入の手続きをしますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。
例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。

同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておいてください。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。

もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。引っ越し時期の費用は、荷物の種類や量の他に移動する距離などによって違ってきて、季節の違いによっても、大きく変わってきます。

引越しの準備具合によって変わってくるため、現実の料金においてはかなりの幅がでてしまうことがあります。数年前、新築の家を建ててそこへ引っ越したのですが、何といっても、デスクトップパソコンの移動にあらゆる手を尽くしました。
このとき、3歳になる娘と1歳の息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないように幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたため中身に全く問題なく運ばれました。外側も傷一つありませんでした。今回の引っ越しで見積もりを出した際、引っかかったことがありました。

液晶テレビを移動する場合は、専用の保険があると言うのです。引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、購入時に30万円以上したものは、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかいまだによくわかりません。

引越すとなったら引越し向け便利グッズを利用すると、労力も節約できて一石二鳥です。
引越し向けアイテムの中には、いつでも使える便利なものが沢山あるので、1つ買っておくのがオススメです。

最近では、100均にも役立つ引越しアイテムが数多く販売されていますので、ぜひうまく使ってみてください。今まで忘れられていたものも、引っ越しの時に整理しなくてはなりませんが、仕分けの結果、不要になるものもあります。様々なものを処分するのは大変です。

そんなときぜひ利用してほしいのは不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。
冷蔵庫を移動したときの業者